長時間続く頭痛にお悩みの方へ~病院で治療法を相談してみましょう~

痛みをコントロールする

スーツのメンズ

痛みが起きる前に

身体に発生するさまざまな痛みの中でも、頭痛は最もありふれた痛みの1つです。頭が痛くなったことのないという人はほとんどいないでしょう。風邪や二日酔いで頭が痛くなることも少なくありませんが、多くの人はもっと慢性的な頭痛に悩まされています。慢性的な頭痛にはいくつかの種類があって、中でも偏頭痛と緊張型頭痛の2つが代表的な例です。どちらのケースでも頭が痛くなったときの対処方法としては、市販の鎮痛薬を飲む程度で間に合わせることが多いものです。単なる頭痛程度では病気だという認識が薄く、対処療法で済ませてしまいがちになります。頭が痛くなる頻度が低ければ、市販薬の服用でもある程度の効果が得られることもあります。頻度が高くなり、慢性化するようになったら要注意です。日常生活の中に頭痛を招くような何らかの要因が存在するものと推測されます。頭が痛くなる前に防ぐことができれば、それに越したことはありません。その予防策も片頭痛と緊張型頭痛では違ってきます。前者では光や音の刺激が発作を引き起こすことが知られていますので、眩しい光や騒音をできるだけ避けるようにすることが望ましいと言えます。赤ワインやチョコレート・チーズなど、発作の誘因となる食品を避けることでもある程度予防できます。後者のケースでは首まわりの血行不良が痛みに発展する例が多いので、前屈みの姿勢を避けて定期的に体を動かす習慣を身につけるといいでしょう。どちらのケースでもストレスは頭が痛くなる最大の原因です。日頃からストレスを軽減させるように努めていれば痛みに悩まされる頻度も減るでしょうが、なかなか思い通りにならないことも少なくありません。

痛み解消のノウハウ集積

どれだけ気をつけていても頭痛の発生は避けられないものです。特に症状が慢性化している人にとっては、自分でできる日常生活の工夫だけでは予防しきれません。痛みが発生してから市販薬に頼るということが続いてくると、薬の効き目も次第に薄れてきます。そのようなときこそ病院の出番です。頭痛も慢性化してくると立派な病気と言えます。病気と言っても恐れることはありません。病院を受診して本格的な治療を開始することで克服は十分に可能です。専門の頭痛外来をはじめ、内科や神経内科などの診療科には、頭痛を解消させるためのノウハウが集積されています。また、最近では眼科などで頭痛を治療することも可能になっています。病院を受診する際には、最初に脳の検査が行われるのが普通です。慢性的な頭痛の多くは脳に器質的な異常が見られないものですが、中には脳の病気が隠されている例もあるのです。そのようなケースでもCTスキャンやMRI画像で精密に調べれば、早期に発見できるので治療することが可能になります。検査の結果脳に異常が見つからない場合には、薬物療法を中心とする治療が実施されます。病院で処方される薬は診察後に処方されるものなので、患者の症状にあった薬物療法が可能になるでしょう。慢性的な頭痛を治していくためにはさまざまな予防策も欠かせません。医師はどういうメカニズムで頭が痛くなるのかという知識を豊富に持っています。そんな医師のアドバイスに従って生活を改善していけば、頭が痛くなりにくい体質へと変えていくことも決して不可能ではありません。