長時間続く頭痛にお悩みの方へ~病院で治療法を相談してみましょう~

頭が痛くて辛いという人へ

男の人

自己流で治そうとしないで

最近頭痛が続くけれど、そのうち治るだろうからと放っておいたり、あるいは、自分で薬を服用して治したりということはありませんか。もちろん、それで治ってしまうのであれば、特に問題はありません。しかしなかなか治らない、むしろかえってひどくなってしまったというような場合には、病院に行って検査をしてもらうのがお勧めです。頭痛は、様々な病気で自覚症状として出て来ます。ですから場合によっては、脳疾患などの前兆として痛むこともありますし、また、ストレスや生活習慣の乱れから頭痛を起こすこともあるのです。頭痛がしてたまらないような時は、まず生活習慣を改め、規則正しい生活を送るようにしましょう。それからストレスをため込まないようにして、気分転換に軽い運動をする、リラックスする時間を確保するのも大事です。特にストレスがたまると自律神経失調症になりやすく、その症状として頭痛が出てくることもあります。病院に行く場合は、内科でもいいのですが、一番お勧めなのは、頭痛外来がある病院です。特に痛みの原因が何であるかわからないので、まず病院に行こうとしているような時は最初にここを訪れて、どのような症状であるのかを話したうえで、改めて専門医を受診するのがいいでしょう。頭痛診察を行なってくれる専門科としては神経外科や神経内科、循環器科、その他にも心療内科や精神科もあります。また薬を飲む場合、半月ほど飲んでも治らない時は、病院に行くようにしましょう。体が薬に慣れてしまい、さらに痛みがひどくなってしまうことがあるからです。

病気によって異なる特徴

また頭痛と一口に言っても、それぞれに違った特徴があります。たとえば血管が拡張して、頭の片側が主に痛む偏頭痛や、その逆にストレスや同じ姿勢を保つことによって、血管が収縮して起こる緊張型頭痛があります。前者は患部を冷やすこと、後者は温めることで回復しますので、頭が痛むといっても、対処方法がまるで違います。ですから痛み方や、あるいはどの部位が痛むかによって判断するようにしましょう。それから気をつけておきたいのが、くも膜下出血や脳出血による頭痛です。くも膜下出血の場合は、激しい頭痛に加えて、嘔吐や意識障害、けいれんなどが起こります。一方脳出血の場合は、徐々に痛みがひどくなるのが特徴で、麻痺やしびれ、あるいは物が二重に見えるなどの障害が現れます。同じ脳疾患でも、脳腫瘍の場合は痛み方が異なり、圧迫感や鈍痛、あるいは頭重感が主な症状です。吐き気や嘔吐、けいれんも起こり、視力障害が出ることもあります。特に起床時に激しい頭痛がする時は、脳腫瘍である可能性が高いので、すぐに病院に行くようにしましょう。またうなじから後頭部にかけて痛む場合は、脳動脈解離のこともあります。そして、頭をぶつけた後に頭痛がある時は、慢性硬膜下血腫に気をつけてください。これは打撲によって、頭蓋骨の中にある硬膜とくも膜の間に血の塊ができるものです。最初はほとんど無症状ですが、ひと月ほど経つと痛みが徐々に広がり、麻痺や歩行障害を起こすようになりますので、心当たりがないのに徐々に痛みが出る時も、まず病院で検査を受けるようにしましょう。

痛みをコントロールする

スーツのメンズ

頭痛には多くの人が悩まされていますが、たいていは痛みが起きてから市販の鎮痛薬を飲んで間に合わせています。頭痛が起きないように生活を工夫することも有効ですが、症状が慢性化すれば予防しきれなくなるので、病院を受診して本格的な治療を受けるべきです。病院には頭痛治療のノウハウが集積されています。

More Detail

頭の痛みの危険信号に注意

女の人

頭痛は誰にでも起こりますが、中には命に関わる危険信号の場合があります。突然に激しい痛みが出る時はくも膜下出血の恐れが、徐々に痛みが増してくる場合は脳梗塞の危険が考えられます。どちらも吐き気や嘔吐やしびれの症状が出ます。病院の検査では痛みがなく精密な検査結果が得られるCTやMRIが行われます。

More Detail

痛みは重要なサイン

頭に触れる男性

人間の頭には最も大切な器官の脳を守る重い頭蓋骨があり、これを支えるための筋肉も発達しています。脳に異変が生じた場合は痛みのサインを発しますが、脳に異常がなくても頭痛は発生します。脳に病気がある場合はもちろん、そうでない場合でも病院を受診することによって、さまざまな病気の予防にもつながるのです。

More Detail